· 

カスクストレングス

「カスクストレングス」のウイスキーって飲んだことあります?

 

予備知識もなく、ラベルも確認せずに飲んだらアルコール度数の高さにビックリしませんでしたか?

 

むやみにアルコール度数を高くしているわけではありまん。

 

その理由はこういうことです。

≪樽から直出し≫

カスクストレングス = 「樽から出されたままのアルコール度数で、加水されずに出荷されるウイスキー」

 

というようにウイスキーの専門用語で使われています。

 

カスク=樽  ストレングス=強い

と直訳するとこうなります。

 

今風に言えば

「樽のクセがスゴイ~!!」

かな?

 

樽のニュアンスが強いのではなく

 

樽から抜き取って、水で割ったりせず、

 

本来の力強い味わいのまま世に出す

 

という意味なので少し違うかも^^

何も足さない  何も引かない

普通ウイスキーは40度くらいの度数です。

 

樽で寝かせている原酒はもっと高アルコールです(60度前後)

 

その原酒を加水、つまり水で割って目的の度数にして出荷されます。

 

そして水で割るので当然量も増します→つまり手頃な価格にもなるわけです。

 

 

しかしカスクストレングスはこの加水を行いません。

 

なので、度数も高く価格も少し値が張るものも多いです。

それでも多くのウイスキー好きを魅了するのは

 

無調整のウイスキー原酒そのものの味わいを楽しめるからです。

 

それゆえにカスクストレングスは特別なウイスキーとして、

 

ウイスキー好き達の高い関心を集めます。

ウイスクイー・カスクストレングスの商品