· 

もうコルクはもう怖くない!

コルクはもう怖くない!

まずはこの動画からご覧ください

コルクを抜いてワインを飲むまでに行う操作はこの2つだけ


「コルクはもう怖くない!」などというタイトルを付けてみました。

 

大学でワインの美味しさに出逢い、名古屋のワイン輸入会社へ就職、そこで会社の試飲会など、いろんなシーンでコルクを抜いてきたのでこう言うと生意気に聞こえるかもですが、いつの間にかコルクを抜くことは特に苦でもなんでも無くなってました。

 

しかし数年前に脳出血を患って左半身が不自由になってからはワインを飲む夜はコルクとの格闘になりました。抜栓するだけで10分ほどかかる。非常にワインに対してストレスに感じていました。

 

 

そんな頃からある言葉を耳が拾うようになりました。

ホントはずーーーーーっと聞こえてたはずなのに、気にも留めてなかったある言葉が・・・

 

「コルク抜くの難しいよね」

 

たぶん、難しいなんてことはない、ちょっとコツ掴めばすぐ出来るようになる。と勝手に考え聞き流してたんだろうと思います。

ワインバーで教えてもらった夢の道具との出逢い

 

ワインバーに行った際、ひょんなことから「実はコルク抜くの大変になったんですよ」と言ったことから「こんなのあるよ」と紹介してもらったのが自動式のワインオープナーでした。

半信半疑で抜栓を見せてもらったら確かに抜けてる!! 

 

とりあえず自分で使ってみないとと思い、最初は電池式のものを買ってみました。

ん~、結果的に抜けたことは抜けたんですが、電池の性能によって馬力が変わるのか、抜き切らなく途中で止まることも・・・結果使用1回目は5分以上抜栓に時間かかりました。

おまけにスタイリッシュなデザインにしてあるため電池カバーが外れやすく、時々、テーブルに置いただけで電池が四散するという惨事が何度も(T0T)

 

結局、こんなものかと割り切って使うしかないと思ってたら、取引先のワイングッズのメーカーさんに充電式のワインオープナーが!?

またまた半信半疑でしたが入荷してみました。 

こんな感じです。

コンパクトにまとまったデザインでした。

 

最初のイメージはサイコガンダムみたい(分かる人にはわかるはず)

 

ラバー製で持ちやすいです。

 

 

 

取扱方法

①付属のフォイルカッターの使い方

使い方は

まずワインのキャップシール(コルクを覆ってるフィルム)を切るところから

 

付属品のフォイルカッター(上部が外れます。ますますロボットみたい)

これでキャップシールを切り取ります。

 

②オープナーの使い方

後は簡単コルク部をオープナーのスクリューのところに当て、上下2つあるボタンの下を10秒ほど押す。

 

③充電はアダプターで

付属品のアダプターで充電すれば8時間の充電で約120回使用できます!

 

キャンプなど屋外の持出しも問題なさそうですね。


片手で完結する感動!!

あれだけ苦労してたコルク抜きがほぼ右手一本で完結します。

スムーズに抜栓出来た夜は感動でした。

この感動はぜひ「コルクに悩んでる方」に伝えねばと思い紹介しました。