夏は断然ロゼワインが旨い!!

世界のロゼワイン事情。消費量は増加中↑

世界中のロゼワイン消費量は、スティルワイン全体の消費量がほぼ一定の中、2002年から2015年で30%も増えており、今なお世界的なロゼワインブームと言えます。各国でロゼワインの消費量が増加しているのですが、ワイン消費量世界1位のフランスでは、実は白ワインよりもロゼワインの方が売れています。

 

アメリカでも2015年度のロゼワイン売上は、前年比31.8%増、日本のロゼワイン市場(飲食店)も2013年からの5年間で約1.3倍となりました。

(大手飲料メーカー発表)

ロゼワインの特徴と魅力

ロゼワインは、白ワインの酸味や清涼感と、赤ワインのタンニンや味わいの複雑性など、両方の要素を兼ね備えたワインと言えます。

 

つまり、白ワインに合う料理にも、赤ワインに合う料理にも合わせやすい、汎用性の高いワインなのです。

 

また、ロゼワインは色合いで判断しやすいのが特徴です。

 

例えば淡い色合いのロゼワインには、和風だしで味付けした料理や、イタリアンならフレッシュトマトのソースが合い、濃い色合いのロゼワインには、醤油や味噌でしっかり煮込んだおかずや、煮詰めたトマトソースとよく合います。

 

またパスタやサンドイッチなど小麦を使ったランチ料理ともとても相性が良いです。

こんな料理とマッチングはいかが!?

餃子とロゼワイン

 

パリッと焼けた皮を噛みしめると中から肉汁と共に餡がほどけだす。そこにほど良い酸味のロゼワインがくれば旨みの波との二重奏になりますよ。

生春巻きとロゼワイン

 

エスニック料理との相性も良いロゼワイン。

暑い季節には野菜たっぷりで美味しい生春巻きと軽め(淡い色)のロゼはいかがでしょう。

唐揚げとロゼワイン

 

ジューシーな唐揚げは白でも赤でも合いますが、どちらの要素も兼ね備えたロゼが活躍しないわけがありません!

質問や気になること何でも聞いてください

コメント: 0