ルー・デュモン(仲田晃司)

 

仲田晃司。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。

フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。

 

仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。

 

 2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。

 

「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。

現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。

2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。 

 

【ルーデュモンの名前の由来】

「デュモン」とは「山」という意味。仲田晃司さんの故郷である岡山県高梁の町のシンボル、山城・備中松山城をイメージしたもので心の中には故郷があるとの想いで付けられた名前だそうです。

 

 


【NHK・仕事の流儀・出演】

2018年1月8日放送NHKアーカイブより引用

 

すべてが、ワインに出る

 

仲田のワインは、繊細かつ優雅。

こだわり抜き磨き上げた、日本人らしい「職人のワイン」と評される。

ワイナリーとしては小規模だが、22か国に輸出され、世界中の星付きレストランで提供される。

ブルゴーニュに単身乗り込み、ここまでの成功を収めた日本人は、いまだかつていない。

 

その「奇跡」とも言える歩みを支えるのは、妥協を許さない、醸造家としての姿勢にある。

ブドウの「買付」では、自ら畑に出向き、 雑草をしっかり取っているか、ブドウの葉の風通しは良いかなどを細かく確認する。「選果」では、こだわって買い付けた極上のブドウを、容赦なくふるい落としていく。少しでも傷ついたり、未熟な果実が混じると、 ワインの味わいを損なうからだ。

 

「醸造」は、仲田の真骨頂。

多くの生産者が道具や機械を用いてブドウを混ぜるなか、 仲田は極力、 手作業にこだわる。

種や皮を潰すと雑味が混じるからだ。 妥協を徹底的に排するのは、そのワイン造りが一つの流儀に貫かれているからだ。それは、“すべてがワインに出る"、 ということ

 

 

「ワインっていうのは、 本当に造った人を反映しているっていいますか、 すごい個性が出ていると思います。 すべてがワインに出ると思います。 『私は最大限努力してワインを造りました』と胸を張って言いたいので、 自分はできることは全部やりたいんです」

 

いつだって、人生は楽しい

 

2000年の歴史を持ち、「ワインの聖地」とも称されるフランス·ブルゴーニュ。

南北230キロにわたってブドウ畑が延々と続く。

一見、どこも同じブドウ畑に見えるが、厳格な格付けが存在する。

地層·水はけ· 日当たりなど細かな条件によって畑は4段階に分けられ、そのほとんどは世襲されるため、極めて閉鎖的な土地とされる。

仲田がブルゴーニュに来た当初、「日本人ごときが何をしに来たんだ」と言われ、嫌がらせも受けた。 そんな時、 自分に言い聞かせてきたのが、「いつだって、人生は楽しい」という言葉だ。

 

 

「人生って楽しく生きていたいじゃないですか。 暗いことを考えたら、 その日1日、 ブルーになってしまうじゃないですか。常にポジティブに考えていると、毎日が楽しく感じられるんですね。ポジティブに考えていると、 すべてがうまくいきます」。

 

笑顔を絶やさない、 常に前向きな姿勢が、 徐々にブルゴーニユの人たちの心を開いた

 

プロフェッショナルとは…

 

自分の仕事をどこまで突き詰めて、いいものができるか。

それを究極にやっていける人。いつまでも

延々とやっていける人。そのためには、情熱なり、

愛情なりを持っていないと、 できないと思うんですね。

【コメント】

この放送たまたま見ることが出来たのを覚えてます。

実際ワインのラベルと輸入元の事務的情報しかない時にこの生産者がどんな人なのか、どんな表情で仕事するのか気になって食い入るように見てた記憶があります。常に見せる優しい笑顔が素敵でした。

 

印象的だったのはなんといってもマルサネの収穫のタイミングで奥さんと喧嘩してるところです。しかもそのマルサネを赤ワインにせず、ロゼにするとの発言にはホントに驚きました。実際どれくらいで売れるのかまではわかりませんが、経営的にはかなり良くない判断でしょう。


ルーデュモンのワイン

【スタジオジブリとのコラボ作品】

スタジオジブリのプロデューサーであり、書家としても活躍中の鈴木敏夫氏が、ルー・デュモンのワインラベルを手がけました。

 

きっかけは仲田さんが鈴木敏夫さんのラジオ番組に出演した際、ジブリの「紅の豚」が好きとの発言からスタートした企画のようです。

 

ラベルの「天地人」「Pinot Noir」「Chardonnay」「紅の豚」の文字は、鈴木氏愛用の熊野筆にて書き下ろし。

そしてラベル右下の落款は、アニメーション映画監督・宮崎駿氏によるデザインです。

 

 ワインは、仲田さんの友人が醸造長を務めるブルゴーニュのネゴシアンが造った、南仏(IGP Pays d’Oc)産の作品からのタンクセレクションです。

 

 「スタジオジブリ」と「ルー・デュモン」のスペシャル・コラボレーションです。

 

 

 

  「ピノ・ノワールは、洗練された果実味に加えてほのかな樽香が楽しめるもの。シャルドネは、南仏らしい、フルーティーでコクのあるものをセレクトしました。4つの貴品種をブレンドした「紅の豚」は、バランスが良く複雑な味わいが特徴です」(仲田さん)。

 

ジブリコラボワイン