ミミシャントン

 

 

「ミミ・シャトン」(「かわいい子猫ちゃん」)は、コート・デュ・ローヌ地方の名門メゾン「ヴィニョーブル&コンパニー」(2017年に「ラ・コンパニ・ローダニエンヌ」から社名変更)による新ブランドです。

 

  1963年、南仏アヴィニョン市郊外、世界遺産「ポン・デュ・ガール」のほど近くに設立された同社は、6年後の1969年、「シャトー・グリュオー・ラローズ」をはじめボルドーの21のシャトー等を所有する「タイヤン・グループ」の一員となり、以降同グループの中核メゾンとして、ローヌ、ラングドック、プロヴァンスといった南仏全般のワインを生産し、フランス国内はもちろん、世界40ヵ国に輸出しています。

 

  同社の品質管理はフランスワイン界最高レベルを誇り、国際的な衛生管理手法「HACCP」や品質マネージメント規格「ISO9001」、及び世界最大の食品検査機関「Eurofins」が統括する安全性・品質規格「IFS」の認証を取得しています。

 

  自社畑は所有しておらず、人的・技術的に深く関与する契約栽培農家から、ぶどうやマスト、ワインを購入して自社醸造を行っています。

 

  フランス人も、猫が大好きニャー😹

 

 気軽に、美味しく。食卓を明るくするワインです。

  

ミミシャントンのワイン