フランス・コート デュ ローヌ

ドメーヌ サンタ デュック

ジゴンダスのチャンピオン/ジゴンダスについての記事で、サンタ デュックが出てこない雑誌、ガイドはありません。

サンタ デュックは、コート デュ ローヌ南部のドメーヌとしてはさほど大きくありませんが、この小さなドメーヌで、イヴ グラによって造られるワインは、今や世界中のワイン評論家を驚かせています。

 

ドメーヌワインには多くの畑仕事が必要で、現在4~5人を畑専門に雇っています。

 

ネゴシアンワインは畑の作業は少ないですが、ブレンドに労力がかかります。

しかしグラには南ローヌの友人が多く、彼らの情報を通して良い葡萄が入手出来ます。

セラーでの仕事は基本的にグラ一人で行なっています。

 

ワイン哲学は、「良い酸と良いストラクチャーを持った南ローヌでもしなやかでエレガントなワインを目指している。」。理想はブルゴーニュワイン、一杯ではなく一本飲めるワインを造りたい。」具体的には発酵期間を短くし(20→15日間)、バリックをやめてタンクに変更しました。長いかもしはタンニンが強くなりすぎてしまい、フルーツと酸を失ってしまうからです。

サンタデュックのワイン

サンタ・デュックのワイン情報

ロエ レ クロット

【赤・フルボディ】

葡萄品種:グルナッシュ80%、シラー20%

 

 

「レ クロット」(糞、くだらない物の意)と呼ばれる区画に植えられた古いグルナッシュと若いシラーの樹から造られます。この畑は、元々12世紀に遡る古いテンプル騎士団の葡萄園です。

少し熟成を感じさせる、黒胡椒などのスパイスやなめし革を思わせる魅力的な香りと風味もあります。まだタンニンがあり、リッチで目の詰まったボディが感じられます。バランスも良いワインです。

¥2,500

ジゴンダス レ ギャランシエール

【赤・フルボディ】

葡萄品種: グルナッシュ70%、ムールヴェードル20%、シラー10%

 

このワインは、スタイルの異なった信頼のできるジゴンダス村の生産者3人に(毎年同じ人)、醸造方法を指導し生産したワインをブレンドして造られています。甘さの凝縮度はかなり高く、豊かです。ほのかにビターでスモーキーなニュアンス。タンニンはやや強めで、酸はバランスよく、アフターにフレッシュさをもたらしています。余韻も長くなっています。3つの個性が引き立つワインです。

甘さの凝縮度はかなり高く、豊かです。ほのかにビターでスモーキーなニュアンス。タンニンはやや強めで、酸はバランスよく、アフターにフレッシュさをもたらしています。余韻も長くなっています。3つの個性が引き立つワインです。

¥4,200

  • 在庫あり

ジゴンダス オート ギャリーグ

【赤・フルボディ】

葡萄品種: グルナッシュ65%、ムールヴェードル35%

 

 

「ギャリーグ」とは、ローヌやプロヴァンスなどの地中海沿岸の石灰質の土壌にあるハーブや潅木の森を指します。ギャリーグに降った雨水は、ハーブの香りやエキス分を含み、地下へ染み込んで行きます。ギャリーグの周辺にある葡萄畑の葡萄は、ハーブのエキスたっぷりの地下水で育つので、葡萄の実にハーブ香があり、ワインにも、より複雑さが出ると言われています。

 

ジョルジュサンク、アラン デュカス、ピエール ガルニェール、タイユヴァン、クロコダイルなど、数々の星付きレストランで使われています。それらのレストランでは、あえて‘99年や’00年をリストに載せているそうです。

 

現存するジゴンダスの中で間違いなく最高のワインです。国際的な品質の評価と人気、価格と希少価値、全く疑う余地はありません。

透けて通らない程、色が濃く、チョコレートやコーヒー、プラムのような甘い香りと、しっかりとした樽熟成によるスモーキーな香り。プルーンやベリージャムのような、はちきれんばかりの果実味と、口中で爆発しそうなほどの高いアルコール感があります。細やかでパワフルなタンニンがびっしりと詰まっており、アフターも大変長く続きます。

¥7,800

  • 在庫あり

ジゴンダス グラン グルナッシュ

【赤・フルボディ】

葡萄品種: グルナッシュ100%

 

オート ギャリーグなど異なったテロワールの古い樹齢のグルナッシュを選別し、最も良い部分の葡萄を使います。大樽で24ヶ月熟成します。大樽を使うのは、果実味を最大限に表現するためです。「これはグルナッシュのフィネスを追求した、言わばブルゴーニュスタイル。」

アフターに感じる甘さは糖分によるものではなく、ピュアなグルナッシュ100%の時に余韻に甘さが感じられます。

¥10,000

  • 在庫あり

シャトーヌフ デュ パプ ハベムス パパム

【赤・フルボディ】

葡萄品種: グルナッシュ90%、シラー5%、ムールヴェードル5%

 

イヴ グラが長年の夢だったシャトーヌフ デュ パプに畑を購入して造ったワインで''10年がファースト ヴィンテージです。

「Habemus Papam」とはラテン語で、新しい法王が誕生した時に発せられる決まり文句、『我ら法皇を得たり』です。ラベルは、ローマ法皇の畑を作り、新しい城を建てたローマ法王ヨハネ22世です。「シャトーヌフのグルナッシュはピノと同格。」

 

グラは、シャトーヌフは南ローヌの中で、これからの時代に求められる最高のスタイルのワイン(ローヌのピノノワール)が造れるアペラシオンと考え、強く魅惑されています。ジゴンダスとは全く違う味わい、筋肉質でないフィネスがあります。

¥12,500

  • 在庫あり