ハイランド・シングルモルト

グランタウン‐オン‐スペイからエルギンを抜け、北東の北海に向けて蛇行しながら流れるスペイ川。

50カ所を超えるスコッチウィスキー蒸溜所が密集するスペイ川周辺。

ミントール、ギース、ダフタウン、ハーントリィを囲むかつての陸の孤島は、今や鉄道、道路、空路の整備によってゴルファーハンター、サーモン、フィッシャーマンとウィスキーマニアが詳れ集う聖地となった。

 

地形上、イングランドから遠く離れて、良水と大麦の産地として有名だったがゆえに、蒸留所が林立した。

また中央の徴税官が発見しにくい奥まった渓谷が多く、密造酒造りには最適の場所であった。

税制の変化により最初に政府公認を受けたザ・グレンリレベット、シングルモルトを最初に発売したグレンフィディック、日本で一番売れるマッカラン、一番美しい蒸溜所ストラスアイラ、竹鶴が学んだロングモーン、スペイサイドのバイオニア・グレン·グラント等々、この地には有名蒸溜所が目白押しである。

 

スペイサイドに行かずしてスコットランドでも日本でもスコッチウィスキーの何たるかは分からない。

いざゆかん、我らが酒飲みの聖地=スペイサイドへ。

 

~スコッチウイスキー 迷宮への招待より~

スペイサイド・シングルモルトの商品一覧