ボウモア12年

¥4,823

  • 在庫あり

【ボウモア12年】

ドライなスモーキー感と柔らかなフルーティー感の調和が見事。飲みやすさのなかに、個性的な潮の香が感じられるボウモアを代表する逸品。

 

【ボウモア蒸留所】

ボウモア蒸留所は、多くのシングルモルト・ウイスキー蒸留所のあるアイラ島の中でも最古である。

ボウモア蒸留所では、ピート(泥炭)の影響の濃いラーガン川を仕込み水の水源とし、バーボン樽やオロロソ・シェリー樽による熟成を行う。樽の熟成庫は、海に面し、一部は海水面より下にある。

サントリーはボウモアを「アイラモルトの女王」と表現する。

 

2014年にサントリーホールディングスがビーム社を買収、ビーム社はビーム サントリーと改称した。現在はサントリーホールディングスがビーム サントリーを介してボウモア蒸留所を所有している。

 

【当店ソムリエコメント】

私をシングルモルトの世界へいざなった思い出深い1本。こんなに豊かで複雑な香りが長い余韻と共に身体に沁みこみました。

旅行などでバーを巡る際に、旅で舞い上がった少し気持ちを落ち着けるために味を良く知っているお酒を飲みます。

現在は「キルホーマン マキアーベイ」ですが以前は「ボウモア12年」をそのお酒にしておりました。

 

バーついでに余談をもう一つ。

「ボウモア12年」はシングルモルトウイスキーではメジャーなお酒です。

コンセプトバーで無い限り、ほとんどのバーがラインナップに入れていると思います。

30代の若い頃は、この「ボウモア12年」の1杯当りの料金でそのバーの価格の良心度をはかっていたものです。

商品名 ボウモア12年
製造元 ボウモア蒸留所
産地 スコットランド・アイラ
容量 700ml
種類 ウイスキー
特徴1 シングルモルト
特徴2  
度数 40度

シングルモルト・アイラ