ひでじビール(宮崎県延岡市)

宮崎県延岡市・クラフトビール

 

ひでじビールの創設は1996年。

水郷延岡市の山奥の麓を切り開いて、醸造所とブルワリーレストランを立ち上げ誕生。

 

ひでじビールを立ち上げたのは、当時すでに高齢であった「ひでじ~さん」こと、創業者・故「西田 英次」(にしだ ひでじ)氏。

受難の時代から新生

全国的な「地ビール」ブームの流れでスタートしたひでじビールもブームの終わりと共に時代のあおりを受けました。

より良いものを作るために資金を投じての工場解体、現在の品質につながる新工場と酵母ラボを設立。

 

しかし突然の事業部廃止。

 

なんとか今までの頑張りを残せないものかと、当時のビール事業部統括であった、現・社長の永野氏は「自分たちでやる」と従業員で会社を買収。

 

 

2010年7月「宮崎ひでじビール株式会社」として会社設立

宮崎農援プロジェクト

「宮崎農援プロジェクト」は宮崎県内の農畜海産物を積極利用した新規商品を企画・開発・ブランド化することによって宮崎県の一次産業活性化を目指すプロジェクトとして平成22年より取り組んでいます。

 

今やひでじビールを代表するフルーツラガーやフルーツエール、地域の特産を活かした商品はこの取り組みから生まれました。

様々な挑戦への期待値

クラフトビール全盛期の現在、県産クラフトビールとして実に面白い会社です。

 

「地ビール」ブームの盛衰も乗り越え今こうして新しい時代の波の中で蓄えてきた経験は何よりの財産と思います。

 

チャレンジ精神もすごくて銘柄もすごく多い。

 

地元の農産物とのコラボも面白いし、何より原料の大麦まで地元で生産できないかと取り組んでいることにも驚かされました。

 

 

そして以前発売されてた高原町産の大麦を使用した「穂倉金生」がびっくりするくらい旨かったのに感動。

一発でファンになりました。

 

取り組みも素晴らしいのに味で結果を残すところにこの会社のポテンシャルの高さを感じました。

★NEWS★

限定醸造のフルーツビールが限定入荷!

宮崎産のへべすとベルギー産の酵母を使った特別なフルーツビール「日向のへべすのベルジャンエール」が限定本数入荷しました。

 

爽やかなフルーツビールをお楽しみください。

WBA ワールドビアアワード2017にて「栗黒」が世界一に!

 

「栗黒(くりくろ)」が、イギリスロンドンで開催されたワールド・ビア・アワード2017において、世界最高賞となる「ワールドベスト・スタウト&ポーター」に輝きました!日本のビールがワールドベストに輝いたのは2013以来4年ぶり、2例目!

 


ひでじビールの商品一覧

コメント: 0